-アーユルヴェーダ医師Dr.Anuから学ぶ産前・産後ケア-講座 自由が丘 みひかるサロン&助産院にてお届けしました。

December 5, 2019

-アーユルヴェーダ医師Dr.Anuから学ぶ産前・産後ケア-講座 自由が丘 みひかるサロン&助産院にてお届けしました。

 

レポートです☺︎

 

アーユルヴェーダ医師 Dr. Anupama Kizhakkeveettilの旦那さんDr. Jayagopal Parlaもアーユルヴェーダ医師です。お二人のお祈りや病気を治すための専門的な知識だけではない、人生をより豊かに過ごしていくためのアーユルヴェーダの全体を大切にする恩恵をビックスマイルで教えてくださる講座が大好きで、来日される度に講座に参加させて頂いてきました。

 

私自身が、お子さんを持つ前から、そして、妊娠、産後のからだと心のゆらぎの多い女性のからだをサポートさせて頂く中で、今回の内容はずっと彼女にリクエストしてきたものです。

 

通訳をしてくださったHiromi Kitty Thompsonさんのご好意でベビーマッサージやマタニティYogaを教えていらっしゃる助産院を講座の場所として使わせて頂いたことに感謝します。オーナーの助産師 池田 匠美さんにも多大なご協力を頂きましたことに感謝します。

 

講座では、やはり妊娠前の女性と男性のからだの状態が何より大切であることを実感しました。

アーユルヴェーダではエネルギーのバランスを整える食事法がありますが、一見食べ物に見えるものではなく、旬の生きた食べ物を食べることがとても大切です☺︎

 

そして、妊娠中の過ごし方も、お母さんが何を食べるか、何を思考するか、睡眠の質、過ごし方全てが赤ちゃんを創造します。ドイツやスイスでは、妊娠中バスの送り迎えがついた自然に囲まれた養成施設に通う取り組みがあるようです。

 

先日、3人目のお子さんを出産された方が産後ケアクラスにいらした時も、彼女の妊娠中の心の状態がお子さんに引き継がれていることを実感しましたとのお話しを頂きました。お母さんからの栄養、微細なエネルギーやホルモンが全て胎盤からへその緒を通じて赤ちゃんを作るのですね。

 

胎内記憶を研究されている池川明医師も三つ子の魂百までは、胎児から2才までのことを指すことがアメリカの研究で実証されたとお話されていました。

 

Dr.Anuのアーユルヴェーダのより細かな専門的な、ハーブやマッサージを用いた浄化法・滋養法などを学ばせて頂いたのですが、彼女が熱心に伝えてくださったことは、仕事を減らしてでも愛する人たちの時間を大切にすること、自分の人生を肯定し、支えられていることを信じ、よく笑い、踊って、人生を楽しみなさい🌿

 

そして、私がDr.Anuに本講座のリクエストをずっとさせて頂いて、何故か私がオーガナイズをすることになったように、思考が現実創造になるから、思考に気をつけて、過去を引きづらず、未来に不安にならずに今ここにありなさい、自分自身を許し、周りの人を許し、間違えても良いから前進し続けなさい。と優しい笑顔で教えてくださいました。

 

アヌパマ医師にお忙しい日々に何をいつも心掛けていますか?とお聞きしたところ、「祈ることよ。今もこの瞬間も祈っているの。」。

 

そして、何故アーユルヴェーダ医師に辿り着いたのですか?とお聞きしたところ、「癒しや精神世界に興味があったの。」。

 

世界中を飛び回りアーユルヴェーダを広めている素晴らしい医師の言葉の奥にあるそのあり方自体がアーユルヴェーダの魅力を物語っていました。

 

そして、Kittyさんとのおしごとは今回で2回目でしたが、Dr.Anuのたくさんの情報をエレガントに美しい日本語で伝えてくださることに今回も感動しました。

 

インドのアーユルヴェーダ大学に通う島宗 美和さんお写真を撮ってくださったり、講座のお手伝いありがとうございました。

 

活躍されている柔らかく強い女性の皆さんから、たくさんの美質を頂いたそんな一日でした。

 

Dr.Anuとまたタイミングが合いましたら来年も講座をお届けすると思います。テーマは月経周期を整え、健やかな妊娠を育むための講座をお願いしています。0を1にする振動、創造がまた起こりますように願っています。

 

Athreya Herbs

http://www.athreyaayurveda.com/index

 

自由が丘 みひかるサロン&助産院

https://mihikaru.co

 

blessings for all women Om ◡̈ॐ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

March 24, 2020

March 22, 2020

March 19, 2020

February 24, 2020

February 24, 2020

February 12, 2020

February 5, 2020

February 3, 2020

November 24, 2019

Please reload