アーユルヴェーダ・ヨガ講座 夏! yogacafe soraさんで開催しました。

素敵な水戸のヨガスタジオ yogacafe sora さんで夏に高まりがちな #pitta を緩和するための講座をお届けしました。 Pitta*ピッタの熱を冷ましていくための智慧を知ることと、ヨガアーサナの中で体験して頂きました。 クラスの最後にはPittaを落ち着かせるミントのお茶を飲みながら、今日ご紹介したものを試食してもらいました。 その中から一つの夏のTipsを☺︎ アーユルヴェーダでは、生アーモンドを一晩水につけて、(イオンで今年採りたての生アーモンドを見つけました☺︎) 翌朝、薄皮をむいたものを食べることを勧めています。なぜ一晩水につけるかというと、潤いの性質 #kapha *カファをあててあげることでナッツの乾いた性質 #vata *ヴァータを沈静化し、より #sattva *サットヴァ 健康的な食品になると言われています。そのまま #almondmilk を作ってもよいですね☺︎ また、ナッツ類にはアブシジン酸が含まれていて、植物の発芽を調節しているようです。これは一種の #ama *アーマ 毒素です。アーモンドの場合で8-12時間水につけると無毒化できると考えられています。また、アーモンドの渋い皮にはアブシジン酸がありますので、皮をむくことも勧められています。 浸水した水は濁ってきます。酵素抑制物質、フェチン酸、タンニンなどが含まれているようです。古代の人は体験からこのことを知っていたこと、すごいなぁと思います。 よりアーユヴェーディックな摂取方法としてよかったら試してみてくださいね。 アーモンドには肌や髪の健康維持に貢献するビタミンB2や亜鉛、ビタミンE、便秘がちな腸に働きかける食物繊維など、美容にも良いたくさんの栄養が入っています。 Pittaを沈静化するのにも、夏に奪われやすい栄養の補給にもよろしければ🌿 今日はたくさんの方にご参加頂き嬉しく思います。 次回は秋のアーユルヴェーダの種をお届けします。 -2019.10.20 10:00-12:00 楽しみです☺︎ sattva Om ◡̈ॐ