-アーユルヴェーディック女性のからだの整え方講座-

-アーユルヴェーディック女性のからだの整え方講座-

とき: 2019年5月19日 Sun. 14:00-16:00 (2h)

ばしょ: cafe+zakka+gallery MINERVA

水戸市宮町2-3-38

講師: 佳菜子 Premma

講座フィー: 3,000 yen

※満員御礼

定員になりましたのでキャンセル待ちにてご案内致します。

2014年からムーンサイクルキャンドルナイトヨガをオーナーのAyaさんとの繋がりの中でお伝えさせて頂いて、Ayaさんが妊娠、娘さんをご出産、子育ての中で、ヨガもお休みさせて頂いてました。そしてAyaさんが、育児の中で、できる範囲でMinervaのおしごとを再開されましたので講座も再開させて頂きます。

今回は、動くヨガではなく、ヨガの姉妹科学であるアーユルヴェーダの視点から、女性のからだを整えるための2時間の講座です。

女性の生理機能はとてもデリケートで、月経のサイクルは、神経系と生殖器を結ぶ複雑なホルモンシステムによって形成されており、こころの状態や環境からも影響を受けています。わたしたちは、季節によって、月の満ち欠けによって、時間や空間、人間関係によって、さまざまな微細な影響を受け、常に流転する渦の中で変化し続けています。

アーユルヴェーダでは、女性の微細な生理機能のバランスを整え、自然と調和させるための処方をしていきます。

すべての女性が妊娠、出産、育児を経験しているわけではありませんが、すべての女性がもう一人の命を育む母性を持っています。

母性とは何でしょうか? 

創造する力、愛を持って受容する柔軟性、家庭や職場で人や環境を育む力。

女性は育む力を体験する中で、知性が高まり、直感力が洗練され、大きな愛が溢れより美しくなっていく質を持っています。

しかし、現代社会では、自立することや、男性と同じように働くことを任される中で、男性性エネルギーが優位になったり、ストレスホルモンによって女性性エネルギーが抑圧され、女性的なのんびりとした優しさや愛が抑制されているかもしれません。その歪みが、月経サイクルを狂わせたり、PMSの症状を抱えていたり、重い更年期症状を抱えていたり、心の質(グナ*guna)が正気な状態から外れていく中で、ほんとうは大切にしたい人を傷つけてしまうことにつながってしまいます。

これから結婚し、家庭を持ちたいと願う女性、いつか子どもを持ちたいと願う女性、妊娠している女性、育児に専心している女性、更年期を迎えようとしている女性、更年期を迎えより女性らしく生きていくことを願う女性、すべての女性へ向けて、Minervaのやさしいハーブティと一緒に、女性のからだを整えるための幸せを拡大していくことをテーマとしたアーユルヴェーダのTipをお届けします。

お問い合わせ・ご予約は、お問い合わせよりお願いします。

※返信メールでご予約完了をお知らせし予約完了となります。

※キャンセルはキャンセル料が発生致します。

※お子さん連れのご参加も心よりお待ちしています。

ananda ◡̈ॐ

photographer: Nanae