Maki先生 解剖学講座 Inner wisdom Vol.4 開催しました。

大阪より解剖学講師 Maki先生をお迎えして Inner Wisdom Vol.4 - Sara 流れ、血液・リンパ -

を那珂市スタジオZiLにて開催しました。

人の体、全身には、血管が張り巡らされていて、足の先から頭のてっぺんまで、ほとんど隙間なくびっしり張り巡らされています。血管だけで、人型とわかるほどです。

すべての血管(動脈・静脈・全体の95%の毛細血管)を合わせると、全長で、10万キロメートル、地球の赤道を2周半できる長さといわれています そんなながーい血管の中を、一日に240ℓきれいな血液を循環させているからだ、、、すごいですね。

そんな神秘の血管、アーユルヴェーダでいうとSrotas*スロータスの流れをよくすることが健康であるために大切なんです。

Maki先生の素晴らしい知識に今回もうーーん、へぇーと見えなかった世界に光が通るようです。

いつも丁寧な資料や参考文献等もご紹介してくださるので、そこからまた自分で深めていくきっかけをくださいます。

理論を知って、血液やリンパの流れを感じながら受けるMaki先生の実践のクラスでは、からだ全身の巡りがよくなりホカホカに幸せな気持ちに。

Maki先生、ご参加くださった皆さんありがとうございました。

今回皆さんからの感想は今回頂いておりませんが、お一人感想を送ってくださいましたのでここに。

「今まで本を読んでもよくわからなかった内容がmaki先生のわかりやすい言葉で、かみ砕いて説明してくださり、なるほど〜ということがいっぱいありました。

リンパも今まで色々な本を読んでもよくわからなかったのですが、ようやくわかりました。だからむくみに繋がるのかとか、自分の不調にも繋がることも、根本がわかるとどうしたらいいのかということが見えてきました。 質問をさせていただくと、予想以上に丁寧に答えていただきとてもありがたく、苦手だと思っていた生理学も面白いと感じました。Maki先生にお会いできて本当によかったです。

自分の持つ大切な身体をもっと信頼してヨガを行ってあげると、更に自分らしく生きていくことができると思いました。 いつもは意識していないけれど、すでに、常に、流れている身体の中の流れを感じながら動くアーサナもとても心地良かったです。 素晴らしい先生に茨城に来ていただきとても嬉しいです。 次回の講座も楽しみです。ありがとうございました。」

次回は2019年3月3日 12:30-17:00 解剖学講座 Inner Wisdom Vol.5 -Rasa 微細なエッセンス・ホルモン-です。

  12:30-14:30

   -30分休憩-

   15:00-17:00

・前半の2時間は今回のテーマの解剖学理論を学びます。

・後半の2時間は内容をクリアにしながら、理論に基づいたMaki先生のYogaクラスの中で実際に体験して理解を深めて行きます。

ばしょ: スタジオZiL*ジル

   茨城県那珂市瓜連657-3(瓜連駅 徒歩3分)

講座フィー: 10,800 yen (税込)

定員制

※定員になり次第、キャンセル待ちにてご案内致します。すでにご予約頂いておりますのでご予約はお早めに。

持ち物:Yogaマット。

スタジオでもご用意致しますが、お持ちであればボルスター、ストラップ、ブロックなどお持ちください。

(※Yogaマットレンタル300yen 必要な方は予約時にお知らせください。)

動きやすい服装、筆記用具

◯駐車場のご案内

スタジオの前には7台駐車できます。

停められない方は、スタジオすぐそばの櫻井石材店駐車場をご利用ください。

-内容-

Inner Wisdom vol.5

「- Rasa 微細なエッセンス・ホルモン-

私たちの身体は、存在や機能が目に見えやすい外側と、目に見えにくいけど確実に存在し機能し続けている内側とがあります。その内側もさらに目に見えやすい部分と、顕微鏡等の力を借りてようやく物質があると気づける微細な存在があります。

前回は血液の中の赤血球や白血球といった微細なものの存在に気付き、それらが流れることが大切であると経験しました。今回はホルモンに目を向けます。その微細な存在が私たちのあらゆるリズムを整えるのに大きな力を発してくれています。絶えず変化を続ける環境と感情に、私を存続し続けられるように(ホメオスタシス)、ただただ反応している存在が身体の内側にあります。

ホルモンのしくみや、はたらき、ストレスとホルモン、それらとヨガとのつながりをお話ししていきます。

微細なものにトーンを合わせ、繊細な自分の存在を確認することは、最大の癒しにつながるのかも知れません。」

◯Maki先生プロフィール-----------------------------

現役理学療法士で現在は訪問リハビリに携わっている。

以前総合病院で勤務していた時に腰痛に悩まされ、その時にYogaと出会う。

Yogaを初めて体験した際、身体的にリハビリとの共通点が多いことに感銘を受け、そこからYogaの世界にのめりこむ。

2009年よりロビンソン尚子氏に師事。

Yogaの身体面のみではなく、精神的・宇宙的側面にも興味を抱き続けている。

また理学療法士としての解剖学の知識を活かし、解剖学と意識・エネルギーとの関係性への探求を続けている。

生理学、運動学への造詣も深く、重力と人間の身体との関係もYogaのアーサナの中で必要な要素の一つであると実感している。

その中で生まれたMaki先生独自のメソッドであるPranatomyを現在展開中である。

関西のいくつかのインストラクター養成講座のみにとどまらず、Yogaジェネレーション主催のサントーシマ香先生のRYT200時間コースでも、解剖学と生理学部門を担当しており、その講義はおもしろくわかりやすいと定評がある。

-------------------------------------------------------------

Maki先生 blog

http://ameblo.jp/anatomy-yoga/

敬愛する師 サントーシマ香先生メインティーチャーによるRYT200時間トレーニングコースの中で、Maki先生から生理学・解剖学を学びました。

サントーシマ香先生 website

http://www.santosima.com

皆さんのご予約をお待ちしております。

お問い合わせ・ご予約はこちらまでお願いします。

Anatomy Om ◡̈ॐ